打撃ツール
活躍する工具

ここで我々の工具が実際どのように使われているかをご紹介いたします。この動画では様々な業界、産業そしてアプリケーションでの使用例が見られます。

汎用性があり、正確でしっかりとした打感

無反動ハンマーは新しいものではないのでは?原理は知られているが、新しいのは金属ディスクが内臓されたソフトハンマーでの採用。ヘッド部分に内蔵された複数の金属ディスクが打撃の衝撃を効率的に吸収することにより作業負荷の低減につながります。是非一度お試しください。一回お使いになればで違いがわかります。様々な用途にお使いになる場合はヘッドが交換式のものをお選びください。打撃は打撃でも用途によって違うのです。プロならば私たちが言わんとしていることがおわかりいただけます。

シュタッドラー・レール ブスナング(スイス)

Andrea Füchter氏が鉄道線路の構成に取り組むにあたって、深い洞察力が必要となります。それは、アルミニウムを取り扱う際に全てを測定、推測することが不可能であるためです。その大部分は何年間にも及んで得る熟練した技術や直感、経験に基づいているのです。アルミニウムには、他のどの素材も提供することのできない可能性が秘められています。世界最良の電車を作り出すべくこの利点を最大限に活用するために、シュタッドラー・レールは最新の技術的資源を使用しています。例として、PB 303はリバウンドすることのないハンマーですが、これによって深く正確に打つことが可能になります。

「素材を感じ、一体化することが必要なのです。」

Andrea Füchter(シュタッドラー・レール)

PB Swiss Toolsは、オンラインエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用します。pbswisstools.comをさらに利用する場合は、当社のCookieポリシーに同意してください。