最高のものをさらに改良

ワセン町で生産されたPB Swiss Tools社のドライバーほど手になじむものはありません。このエメンタール地方にある会社の従業員は自分たちが作る道具がどうしたらもっと良くなるのかとラインナップにどのような革新的な商品を加えられるかを常に自らに問いかけているのです。

職人にとってのPB Swiss Tools社の訪問はまるで食いしん坊がチョコレート工場を訪れるような誘惑を引き起こさないといけないのです。日々ネジを絞めたり緩めたりする作業に携わっていなくても、ここで何か大きなものが作られていることを感じないといけないのです。この場合、「大きい」というのは道具の大きさではなく、道具の品質や斬新さそして見た目の美しさなのです。虹色のL型レンチセットはまさに美しいのです。

その色は使う人の美的感覚に訴えるのではなく、作業効率の向上に繋がっているのです。それぞれの色は特定のサイズを表しているので使用寸法を探す時間を短縮してくれるのです。そのアイディアは単純ではありましたが、2000年にL型レンチセット「レインボー」を発売した当時は新しかったのです。「今に至っては世界中で幾度となく真似されています。」そう語るのはCEOのエファ・ヤイジル氏。

傾聴して対応する
良い製品ができるまでの歴史は、PB Swiss Tool社の140年の社歴の中で新しいことに取り組む姿勢がどのように育まれてきたかを象徴しています。開発、マーケティング、営業に所属する社員はチームとしてユーザーと対話しながら改良を模索しています。消費者のためのワークショップを開催したり、職人の現場での仕事ぶりを観察したり。このような機会にトヨタの技術者が必要な道具を探すのに時間が掛かっていることに不満を抱いていることを聞きました。このようにしてL型レンチセットを色分けするコンセプトが生まれました。「我々の製品はお客様が解決しようとする課題に対する回答であり、それがお客様の成果に繋がるのです。」とエファ・ヤイジル氏は言います。

創造的なアイディアと斬新な解決策へのたゆまぬ探求心は経営陣の取っては非常に重要で、そのため毎年売り上げの20%をそのために必要なリソースに投資しています。このイノベーション精神が当時の町工場を4代で世界80ヵ国に輸出を行う高品質な道具や機器のトップシェアのメーカーに育て上げたのです。140年前は牛の鼻輪を主に作っていたPB Swiss Toolsはいまや、宇宙産業や医療で必要とされている製品のメーカーとなったのです。その中で多大な変化を成し遂げたのはラインナップだけではなく、その製造工程も然りであることは明白です。1982スイスにおいては4番目の会社として、エメンタールにあるこの工場は産業用ロボットを導入しました。PB Swiss Tools社では定期的に専門家を招き、研究機関、専門学校、大学などと提携しこれからの動向に向けた準備を進めています。ヒトの手にピッタリ合うドライバーの性質とは何かを考えるだけでなく、ロボットが使いやすい道具とは何かということを推測しないといけないのです。

忠誠心で結ばれた従業員と企業
新製品の継続的な開発と発売、売り上げの増加、進む自動化、産業用ロボットの活用。これらにより最先端を行くPB Swiss Toolsへの変革は従業員の柔軟な対応なしには考えられませんでした。「保証できる継続性以上の変革は従業員には求めません。」エファ・ヤイジル氏はこう強調します。この言葉が空約束でないことは低い離職率が裏付けています。過去数年間で164人の従業員のうち離職したのは2から5パーセントにすぎません。先日勤続年数が48年の従業員が定年を迎えました。彼は産業用ロボットが製造プロセスを肩代わりし、製品の需要が世界中で増えていく様子を体験しました。PB Swiss Tools社が生産する1200万個の製品のうち2/3は輸出されます。2013年このエメンタールにある会社は中国に子会社を設立しました。能力の高い中国人チームがエメンタールで生産された高品質な道具の中国市場への導入に取り組んでいます。

しかしエファ・ヤイジル氏の夫のマックス・バウマン氏の曽祖父が1878年にこの町工場を作ってから変わらないことがあります。PB Swiss Tools社はスイスの輸出に重点を置く企業の中で以前と変わらず100%スイス国内で開発製造している数少ない企業なのです。スイスの大学との提携と高い教育水準が必要不可欠なのです。CTOのマックス・バウマン氏とCEOのエファ・ヤイジル氏は唯一無二のイノベーションと品質を保証したいのです。その為には原材料、プロセスそしてその成果がその場で確認でき、変更が必要な場合には迅速な対応ができることが必要なのです。「ノウハウが集約され間隔短いとこのようなことが簡単にできるのです。」とエファ・ヤイジル氏は言います。「そのため強いフランによってもエメンタールの生産拠点が是非が揺るぐことはないのです。」とさらに続きます。100%スイス製。それは幹部が唯一こだわる点です。その他の点に関しては道具と機器をさらに良くするためには何ができるかということとwork with the bestsすなわち最善のパートナーであるというお約束をどうすれば守れるかということに駆られています。

PB Swiss Toolsは、オンラインエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用します。pbswisstools.comをさらに利用する場合は、当社のCookieポリシーに同意してください。