09.12.2015 | 会社のニュース

山が呼んでいる:メイキング・オブ・ピステンブリー2016

PB Swiss Tools製の優れた工具が、圧雪車の整備や修理にも使用されていることはご存知でしたか?当社の2016年度広報のメイン画像は、ツェルマット(スイスの保養地であるマッターホルンの登山基地)の ピステンブーリー車両群です。(ピステンブーリー:ケースボーラー・ゲレンデファールツォイグ 社(ドイツ)製の有名な圧雪車) 今回ツェルマット登山鉄道株式会社のスロープ整備を担当するプロフェッショナルたちとともに、極めて厳しい自然の中、素晴らしい風景に囲まれて撮影を行なってきました 。

場所:マッターホルン(スイス)。

マッターホルン(海抜4478m)はスイスを代表する山です。初登頂が達成されたのは150年前のことでした。国際的なスキー場同様に、その目立った外観は全世界に知られています。全長360キロメートルのスロープが、世界中の国からやってくるスキーヤーやスノースポーツの愛好者たちを待っています。マッターホルンの画像は2015年中頃よりPB Swiss Toolsのカタログに加わりましたが、2016年はメインで登場します。このの写真撮影は、ゴルナーグラートとトロックナー・シュテークから行っています。 

600運転時間後のピットイン。

ツェルマットの ピステンブーリー圧雪車 は全部で34台です。これらの車両はウィンターシーズンの間、毎日165キロメートルのスロープを整備しますが、 1時間あたり27リッターのディーゼル燃料を消費します。運転時間が600時間を経過すると定期点検が行われ、ここでPB Swiss Toolsの出番です。当社のスイスメイドの精密工具があれば、極めて厳しい環境においても、人の手を使っての作業を効果的に、問題なく行うことができます。PB Swiss Toolsの工具は手にしっかりとなじみ、どのような天候下ても安全で、疲労を感じさせない作りで、効果的な作業を可能にします。

極寒、強風、息もつけないほどの厳しさ。

猛烈な東風と氷点をはるかに下回る気温のなか、私たちは頼もしいクルーとともに、写真撮影のための機材を2950メートルの高さまで運び上げました。山岳ガイドのクリスティーナ・シュレーゼナーとルーカス・アイテン。彼らは当社のブランド工具使用例のモデル役を演じてくれました。ピステンブーリーの運転手であるルドルフ、ゼーミ、シュテファンの三人は車両を完璧にコントロールしてくれました。さらに、スイス・ビール市の広告代理店、 エルトマンパイスカーからは、クリスティーナ・ヴァイサーも一行に同伴しました。そしてもちろんカメラマンのアレクサンダー・マージェルも当社の工具を素晴らしく演出してくれました。

どうぞ、2016年版カタログをご注文ください。

当社の新しい2016年版カタログは、新製品とPB Swiss Toolsに関する役立つ情報が掲載されています。この無料カタログは、電話またはEメールでご注文いただけます:+41 34 437 71 71、pbswisstools.com.

 

 

 

 

 

 

Share this article
Contact Person

Anita Müller
Head of Communication
Tel. +41 34 437 71 24
a.mueller@pbswisstools.com

Visit
PB Swiss Toolsは、オンラインエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用します。pbswisstools.comをさらに利用する場合は、当社のCookieポリシーに同意してください。