02.07.2018 | トピックス

「自転車で来ました!」

毎年行っている「bike to work」キャンペーンのために今年はおよそ30名の従業員が自転車に乗りました。

毎年6月にPro Velo Schweiz主催の「bike to work」に参加しています。.スイス全国で5月と6月におよそ54,000人が自転車で通勤します。

目標通勤距離の半分

このキャンペーンに参加するPB Swiss Tool社の果敢な自転車乗りにとって、これは何を意味するのでしょうか?一ヵ月間、天気に関わらず毎日自転車で通勤しなければいけないのでしょうか?

PB Swiss Toolsの人事と経理のアシスタントを務めるKatja Gygaxによると「Pro Velo Schweizはこのキャンペーンの目標として参加者が期間中通勤距離の半分以上を自転車で走ることを目標に設定している」とのこと。走行距離はアプリに登録され、カウントされるのは通勤のみ。電動自転車での参加を希望する人も登録することができました。PB Swiss Toolsは電動自転車を手配し、レンタル料の殆どを負担しました。

健康を促進-そしてチームワークも

愉しんで参加することが前提です。「チェックも行いませんし、半分に達しなかったらプレッシャーやペナルティーは発生しません。」Katja Gygaxはこう語ります。このキャンペーンによって健康だけではなく、チームワークを促進することが目的です。「参加することに意義があり、一緒に自転車通勤する人たちの間でいい雰囲気が漂い会話が弾むということをよく聞きます。」

当たるのは商品券

今年も4人チームで参加しました。この方がモチベーションも高まり、もっと愉しいのです。賞品が当たるということが意欲を更に掻き立てました。合計10個の賞品が出され、それぞれ

· 最も長い距離を走った

· 皆勤賞

· 抽選で1チームと

· 抽選で7人に授与されました。

賞品は地元で使える商品券でした。優勝チームにはメンバー全員がディナーに招待されました。

 

「bike to work」の参加者の様子

 

#Biketowork #自転車 #健康 #チームワーク #フィットネス #proveloschweiz #pb #workwiththebest #エメンタール

Share this article
Share Tweet Share Email
Visit
ニュースレターの配信申し込み
PB Swiss Toolsは、オンラインエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用します。pbswisstools.comをさらに利用する場合は、当社のCookieポリシーに同意してください。