29.10.2021 | メディアの報道

計画、決定、実行

[Translate to 日本語 (JP):]

エコロジカルな起業家精神の礎となる標準ツールの登場:PB Swiss ToolsのCEO、エヴァ・ヤイスリィと開発・製造のプロジェクトマネージャー、マーティン・ロイエンバーガーが、品質、責任、脱炭素化について語ります。 

«当社は環境面に配慮して、新しい機械を調達します。»
____________
マルティン・ロイエンベルガー、
開発・製造のプロジェクトマネージャー
 

 

PB Swiss Toolsは、1878年の創業以来、 スイス品質の工具や医療器具を全世界に向けて製造しています。ヤイスリィさんは25年間会社を経営されていますが、長年の成功の秘訣は何でしょうか?

エバ・ヤイスリィ(EJ): それは、常に自分自身に問いかけながらの継続的な開発プロセスです。将来、お客様は私たちに何を期待するのか? お客様の期待に応え、刺激を与えるためには、どのような条件を整える必要があるのか。当社の革新的な強さ、紛れもない品質、そして競争力のある価格は不可欠です。これらの要因により、当社がグローバル市場で主導的な地位を維持し、「最高のものと仕事をする」という約束を果たすことができるかどうかが決まります。

マルティン・ロイエンベルガー (ML): 当社ツールには生涯保証がついていることも特筆すべき点です。当社が納得しているからこそ保証できるのです。当社ツールには信頼があります。産業や貿易のプロ、そして要求の高いDIY愛好者に、そのツールは常に寄り添っています。

御社ではサステナビリティの優先順位が高いですね。このフォーカスはどのようにして生まれたのでしょうか?

EJ: オーナー一族は、何世代にもわたってサステナビリティを重視し、それに応じた投資を行ってきました。社会的、経済的、環境的責任を理解した上で、私たちは今日も会社の発展を形作っています。例えば、CAB(Cellulose Acetate Butyrate)と呼ばれるセルロースをベースに製造された天然素材を使用したハンドルは、完全にリサイクル可能です。このハンドルは、第二次世界大戦中に海外から道具が手に入らなくなった苦境の中で生まれました。スイス軍はPB Swiss Toolsに需要を満たすように依頼しました。義父は、半年分の売り上げを投じて、当時ヨーロッパでは知られていなかったアメリカ製の射出成形機を購入しました。

それは、大胆な投資のように聞こえますが…

ML: はい、それは非常にリスクを伴う革新的なことでした。義父は、自然を尊重して大量生産できる高品質のハンドルを製造することを目的としたパイオニアでした。これは市場で非常に説得力があり、現在でも世界中で人気があります。

PB Swiss Toolsは、早くからヒートポンプを導入していました。ここでも同様の配慮がなされていたのでしょうか。

EJ: 義父からもビジョンが出てきました。義父が言うには 「新しい生産工場に煙突はいらない。他に解決策があるはずだ」とのことでした。そうして1979年、当社はスイスで最初にこの規模のヒートポンプシステムを統合した企業の一つとなりました。

ML: しかも、当時は非常に高価だったにもかかわらず始めたのです。石油バーナーならその数分の1で済んだこでしょう。これは当時としては先駆的な成果であり、今でも私たちはその成果を利用しています。

その後、他のヒートポンプも統合しましたね。どのようなメリットがありますか?
 ML: 機械の冷却水の廃熱を利用して、ヒートポンプを運転することができます。2つある工場のうち1つは、地下水を利用したヒートポンプのみで加熱されます

環境・エネルギー問題は、PB Swiss Toolsの戦略に組み込まれていますか?

EJ: はい、持続可能な開発は当社の4ヵ年戦略の柱のひとつです。これは、持続的に発展する社会というビジョンに沿ったものです。この戦略をもとに、2年間のマイルストーンを定めたアクションプランを 策定しています。とりわけ、水、電気、化学物質という環境に関連する要素を節約し、温室効果ガスの排出を削減することです。

どのように連携しているのでしょうか?

ML: 連携は複雑ではありません。当社の意思決定は非常に早いのです。疑問や判断が生じた場合は、全員で検討し、関係者で分析し、速やかに決定します。

 

«品質には、持続可能な開発も含まれます。»
____________
エヴァ・ヤイスリ、

CEO
 

スイスはネットゼロを目指しています。PB Swiss Toolsもその方向に向かっているのでしょうか?
EJ: はい、そうです。CO²の削減は、気候変動に対抗するための 前提条件の1つです。このテーマには、社会政治的な関心と企業の関心が向けられています。当社の対策は、排出量の削減だけでなく、コストの削減にもつながります。そのため、この目標は当社の論理と一致しており、当社の戦略の一部でもあります。

ヒートポンプ以外にも、環境に配慮した取り組みを行っていますね。
ML: そうです。もう1つのマイルストーンは、10年前の無害化処理でした。電気メッキに無害化処理を導入したおかげで、現在ではかなりの水量を節約できています。原則として当社では 新しい機械を調達する際には、環境面を考慮し、暖房などの補助エネルギーの利用方法を確認します。当社は、技術と生産を継続的に更新することで、環境、労働、健康の保護を 高めています。既存のプロセスに疑問を持ち、常に改善していくことに価値があることは明らかです。

EJ: 当社は、現在と将来の世代のために、環境について責任を負うよう努めています。そのためには、体系的に考え、判断し、実行することが必要です しかし、それはまた会社の姿勢や精神とも関係があります。 皆が一緒に考えれば、結果は良くなります。しかしその対策には、継続的に投資する意思も必要になります。

具体的にはどのようにされているのでしょうか。
ML: たとえば、システムを維持することは非常に重要です。摩耗は常に損失であり、故障につながる可能性があります。そのため、製品を開発する際には、製造から廃棄までのライフサイクル全体を考慮することが非常に重要です。

EJ: だからこそ、当社はサプライヤーや環境への配慮にも関心を持っています。重要なのは、あらゆる側面を常に吟味し、疑問を持つことです。技術開発の状況はどうですか?製品や製造プロセスのどこに新しいソリューションを導入すれば、さらに最適化できるのでしょうか?

中小企業が脱炭素化への道を歩み始めるためには、どのような枠組み条件が必要でしょうか。
EJ: 企業家としての余裕が必要であり、責任を持って慎重に行わなければなりません。1985年に施行された環境保護法は注意義務の推進力となり、環境に配慮した生産方法の推進に貢献してきました。

お二人とも、サステイナブルな事業活動の要因として、企業文化に言及されましたが、それについて詳しく説明してもらえますか。
ML: 私たちが考慮しているのは、お客様へのフライトがどうしても必要なのか、それとも別の方法で解決できるのかということです。当社では 資源を節約するための代替手段がないか、常にチェックしています。それには手放す覚悟も 含まれます。  それは、人生に対する姿勢です。幸いなことに、それに賛同し、意味を見いだしてくれる人たちがたくさんいます。

EJ: 有意義な仕事は非常に重要なポイントです。持続可能な開発は、個人として、家族として、企業として、または社会として、人生を価値あるものにしてくれます。私にとって、責任を持ってビジネスを行うことは意味のあることです。それがPB Swiss Toolsの目指すところでもあります。当社は、環境に対する責任を見失うことなく、革新性と継続性を持って製品を開発しています。なぜなら、持続可能な開発は当社の品質に不可欠な要素だからです。これが当社の企業理念です。これには、模範を示す旗手が必要であり、これは社内だけにとどまりません。



PB Swiss ToolsのCEOであり、Swissmemの副社長でもあるエバ・ヤイスリィは、国レベルでの責任あるビジネスにも取り組んでいます。
 


工場内の機械から出る廃熱を利用してヒートポンプを作動させています。
 


ツールハンドルの製造にはアセト酪酸が使用されていますが、これは現場で直接リサイクルされ、製造工程で再利用されています。



マルティン・ロイエンベルガーは、1998年にPB Swiss Toolsに入社し、 環境と労働安全の分野を担当しています。
 

インタビュ: Corinne Keller 
写真: Sonja Heusinger

Share this article
Share Tweet Share Email
Visit
ニュースレターの配信申し込み